キャリア

プログラミング初心者OLがpythonを勉強してKaggleへ参加するまでに行った勉強方法(1)

業務でAIの活用が進んでいる、子供の学校でプログラミングが必修になるが親の自分はプログラミングについて全くの無知、などの理由でプログラミングを勉強したいという相談を受けることが多くなりました。

私のバックグラウンドはこんな感じです
  • アラサーOL
  • 学生時代にプログラミングを勉強したことはない
  • キャリアは営業→マーケティング→経営企画でプログラミングとは無縁

なぜプログラミングを勉強しようと思ったのか

強烈な体験です。Googleに転職しようと思ったときのことでした。

「履歴書をHTMLファイルで添付してください」と言われ、なにをどうすればいいのか全く分かりませんでした。

今なら

  • Webで購入 or 無料配布でそれらしいフォーマットが手に入ること
  • テキストエディタで編集すれば作成できること
  • ブラウザで開けば中身が確認できること

が理解できますが、当時は何をどうすればいいのか皆目見当がつきませんでした。

ちなみに今のGoogleの採用サイトをみるとPDFファイルでいいようです

エンジニア職種ではないビジネス職でした。

プログラミングが義務教育になって誰でもコードを書ける時代が来るってこういうこと?

と強烈にショックを受けたことを今でも覚えています。

結局当時ResumeはPDFで提出しました(汗)

ここからプログラミングの勉強を開始しました。

プログラミングの勉強をする前に | やりたいことを整理する

よくこんな相談をいただきます。

プログラミングを勉強したいんだけどどうすればいい?

でもこれって回答が難しいです。なぜなら

外国語の勉強したいんだけど何すればいい?
(英語ならオンライン英会話教室を受けるとか、韓国語なら韓国語ドラマを見るとか、いろいろあるけど何語を勉強したいんだろう?)

となりますよね。プログラミングといっても言語は様々で、英語を勉強したいのか、韓国語を勉強したいのか、スペイン語を勉強したいのか、それぞれいろんな勉強方法がありますよね。

なので最初は

やりたいことから逆引きで必要なプログラミング言語を決める

ことが重要になります!

例えば一例をあげると

ホームページやWebsiteを作成したい → HTML、CSS

データベースを扱いたい → SQL

アプリを作りたい → Ruby on rails

機械学習をやってみたい → Python

みたいな感じになります。

やりたいこと特にないけどプログラミングをやってみたいんだよねー
「Ruby」あるいは「Python」あるいはをおすすめします。

おすすめの勉強方法:RubyはTech Campがおすすめ

アプリをつくってみたい!場合は「Ruby」がおすすめです。

この言語は日本人が開発した言語でありながら海外でも人気で、
文法がシンプルで分かりやすいという特徴があります。

食べログやCookpadなどのサービスも「Ruby」で作成されています。

Rubyを勉強するなら短期スクールが効率的でおすすめです。
私も1か月コースで仕事終わりに通いました。

TECH CAMP

サブスクリプションの課金体系なので、仕事が落ち着いている時期に短期集中で学ぶのがおすすめ。

私は仕事終わりに平日週3+週末全部を通学に費やし、1か月で100時間の勉強時間を確保しました。

実はこのスクールにたどり着くまでに書籍を4~5冊購入し、webサイトで独学をしていました。今は無料で良質な情報が手に入る時代ですが、プログラミングの勉強は最初は独学では難しいと思いました。

なぜなら・・エラーを探すのにめちゃくちゃ時間がかかるからです

言語によっては半角スペースと全角スペースは区別されるとか単語の大文字と小文字は区別されるとか細かいルールがたくさんあります。

初心者がプログラミングを書くとそういう小さなミスを大量に犯してエラーが続発します。

プロや慣れている人がみれば一瞬で解決できるものも、自分で原因を探すのは非常に時間がかかります。

プログラミングスクールではカリキュラムに従ってマイペースに進めながら、エラーがでたらコードをメンターにチェックしてもらえるので学習スピードが全然違いました。

また、数人でグループをつくって学習を進めるのですが、同じグループだった人たちとは今も一緒に飲みに行くいい仲間です。特に社会人で受講している人は目的意識が高く、話していてとても刺激をうけます。

  • カリキュラムが丁寧で、最後に作品を完成させるため達成感がある
  • メンターにコードのエラーをチェックしてもらえる
  • プログラミングを初歩から学ぶ仲間ができる
  • 卒業後も受講者限定のFacebookグループで情報交換できる

TECH CAMPの公式サイトはこちら

 

Pythonを学ぶならUdemyがおすすめ

機械学習の盛り上がりとともに注目を浴びているのがPython!

こちらも文法がとてもシンプルで世界的に人気なプログラミング言語です。

  • エクセルでやっているデータ分析業務の自動化
  • 機械学習のモデル作成
  • アプリ開発

など様々なことをPythonで行うことができます。

Pythonを勉強するならオンラインのMOOCがおすすめです。

MOOCとは、インターネット上で誰もが無料で受講できる大規模な開かれた講義のことである – wikipedia

特に5万人が受講したudemyのPythonコースは他のMOOCと違って日本語版があるので初心者にも取り組みやすいです。

MOOCの有名どころとしてはCourseraがありますが、こちらのPythonコースは英語のみでまだ日本語対応できていません。

MOOCはいずれもオンラインコミュニティが充実しているので、不明点があればコミュニティで質問することも可能です。

udemyでは実践編として株式市場のデータ分析の単元も用意しているので、プログラミング初学者でもどのようなアウトプットができるようになるのか、イメージがしやすいと思います。

udemyの公式サイトはこちら

Kaggleへの出場については以下の続きをご覧ください。

プログラミング初心者OLがpythonを勉強してKaggleへ参加するまでに行った勉強方法(2)前回の記事ではプログラミング初心者がプログラミングの勉強に手をつけるところまで紹介しました。今回はKaggleに挑戦するところまでご紹介...