Uncategorized

30歳共働き夫婦が実践しているストレスレスな情報共有の仕組み

共働きは忙しい毎日の中で、さまざまな情報を共有しています。

旅行の予定、保育園からの連絡、買い物リスト、飲み会で遅くなる日はいつか、など。

仕事においても「ホウレンソウ (報告・連絡・相談) が重要」というのはよく言われることですが、円滑に家族を運営する上でもこれらは非常に重要で、スムーズな情報共有は、片方に負荷が偏るのを防ぎ、喧嘩の原因を減らすことができます。

そこで今回は我が家で実践しているストレスレスな情報共有の仕組みについて紹介したいと思います。

情報共有で意識しているポイント

  • 後から見返すことができるよう形に残す
  • 極力自動化することで共有の手間を省く
  • 新しいアプリを増やさずシンプルな方法で

これから紹介する具体的な方法に共通している方法は全て上記の3つの考え方がベースになっています。

1について、忘れっぽい私たちは「言った言わない」の不要な喧嘩を避けるために、必要な情報はなるべくテキストで伝えています。 (主にLINE)

2について、日々のことなので極力手間をかけずに、自動で完結することを目指しています。

3について、最近は便利なアプリがたくさんでていますが、アプリを増やしすぎるとそのアプリを開くのが手間に感じるようになります。なるべく普段使っているツールで完結して、家族の予定が自然と目に入る状態にするのがベストだと考えています。

1. 夫婦共有で使えるファミリーアドレスを作成

結婚してすぐに取り組んだのが夫婦共有のファミリーアドレスを作成すること。私たちはgmailを使っていますが、なんでもいいと思います。Iphoneやブラウザで複数のgoogleアカウントを連携することができるので、個人でアドレスを既に保有していても問題ありません。

  • 公共料金の連絡先登録
  • 不動産内覧の申込
  • 保育園の保護者メーリングリストの登録
  • 旅行の予約内容控えの送信先
  • 小児科のweb予約システムの登録
  • ネットスーパーの買い物明細の送信先

これらは全て家族アドレスを登録しています。夫婦がお互いにスマホに家族アドレスを連携させているので、わざわざ転送せずとも自動で情報を共有することができます。

2. ファミリーアドレスでカレンダーを作成して予定を共有

上記のファミリーアドレスのカレンダーに家族関連のイベントは全て登録しています。会社支給のスマホにも家族カレンダーを連携しているので、仕事のスケジュールをするときには家族の予定も見ながら調整しています。

ファミリーアドレスを使っていなくても、google calendarでは同じアカウント内で用途に合わせて複数のカレンダーを作成し、デフォルトで共有することもできます。最近は家族間のスケジュール管理のためにTime treeというアプリを使っている方も多いかもしれませんが、新しいアプリをインストールせずとも予定の共有はできます。

3. 買い物リストはAlexaの買い物リスト機能で

買い物は基本ネットスーパーを利用していますが、仕事終わりにスーパーに寄ることもあります。そんな時にはAlexaの買い物リストをお互いに必ずチェックするようにしています。

Alexaの買い物リストのいいところは、声で登録することができるところです。料理中にだしがなくなった!という時でもスマホを持ち上げることなく「Alexa、買い物リストに白だしを追加しておいて」と言えばそのまま料理の手を止めることなく情報共有することができます。

4. 子どもの写真はgoogle photoの人物指定で自動共有

子どもの写真は基本「みてね」で親戚を含むグループで共有しているのですが、夫婦間に限ってはgoogle photoも使っています。google photoの自動連携で撮った写真は全てgoogle photoにアップロードしています。google photoは写真に写っている人物を判別して人物別のアルバムに整理してくれる機能があり、アルバムごとに共有設定ができます。子どもの写真だけは旦那と自動で共有されるように設定しています。

5. 家計はMoney forwardで見える化

こちらは好みが分かれるところですが、我が家は家計簿アプリで共有口座だけでなく、お互いの個人口座の情報も共有しています。クレジットの利用明細などもすべてオープンです。

アプリの中では複数の口座情報を「共有資産」「旦那の個人資産」「妻の個人資産」の3つのグループに分類し、それぞれのお金の流れを可視化しています。

お互いに知られたくない支出は現金か、Pasmoで購入します(笑)

共働きのお財布
共働きのお財布は一緒?分ける?お金が貯まる仕組みの作り方 共働きで同じ位収入を得ているカップルが結婚した場合、お財布を一緒にするか、あるいは別のお財布で支出を分担していくのか、悩...

以上、我が家で行っている情報共有の仕組みづくりでした。どなたかの参考になると嬉しいです。