こども

認可保育園に入園するために保活で確認していたこと

保活の大変さが叫ばれて久しいですが、私も育休中の時間の15%くらいは常に保育園のことを考えていました。

今思えばもう少し要領よく進めることができた気がしますが、当時は家からどのくらいの距離までなら通えそうか感覚値もなかったので、ひたすら保育園まで歩いてみたり、見学会に参加してみたりしていました。20園以上は見学したと思います。

家からの徒歩分数が何よりも重要!と言わてることが多いものの、少し遠くても雰囲気がよくて子どもが楽しく過ごせる園があるのであれば通いたいなと思っていました。

保育園の善し悪し、合う合わないを判断するために保育園見学に行く訳ですが、保育園の入りやすさのヒントが得られることもあります。

世の中の保育園見学リストは、保育園に通うことになった場合の過ごしやすさを確認するための項目がほとんどですが、今日は保育園の入りやすさをチェックするためにみていたポイントを紹介したいと思います。

区が公表している過去の入園倍率表

こちらはほとんどの方が1度は確認したことがあると思います。今年の倍率を予想するために、過去のデータを参考にします。できれば過去3年分くらい確認しておくと、人気が横ばいなのか、倍率が年々高くなっているエリアなのか、予想が立てやすくなります。

入園希望予定の兄弟児の数

認可保育園の保活って、正直できることはほとんどないんですよね。多くの区で、フルタイム共働きの世帯が合格最低点に横並びになります。そこから年収、居住年数などで優先度合に順位がつけられるのですが、保育園に応募する段階ではもうどうしようもありません。旦那か自分を単身赴任でどこかに飛ばしてもらう、みたいな強硬手段に出ない限り、順位はもう動かすことができないのです。

そんな限られた手しか打てない認可保育園の保活で、唯一できる努力が、兄弟児の少ない保育園に希望を出すことだと思っています。

その保育園に兄弟が通っている場合に優先順位が上がるというルールを設定している区が多くあります。つまり、上の学年に子どもを通わせている方が、第二子以降を同園入園を希望した場合、第一子の保活をしている人に勝ち目はなくなります。

保育園では通っている子どもの保護者が妊娠していれば多くの場合把握しているでしょうから、保育園見学で希望している学年に兄弟児の入園希望がどのくらいありそうか聞いてみるといいと思います。定員6名に対して兄弟児が5名いたりすれば、第一子の保活でその園に入園するのはかなり厳しい戦いになります。

近隣の保育園の新規開園、閉園

こちらも区のHPなどで紹介されていますが、区によっては企業主導型保育園はリストに掲載されていなかったり、住所が近くでも隣の区の認証保育園は記載されていなかったりするので、隣区のHPや東京都福祉局の保育園検索サイトをチェックするといいと思います。

新規園は倍率が低くなりがちなので、第一子の保活ではねらい目です。また、新規園が開園すると近くの保育園から転園が発生することもあるので、近隣の保育園の倍率も若干ですが下がる可能性があります。

近隣の新築マンションの有無

これは区役所の窓口の方に教えていただいたのですが、やはり大規模な新築マンションが建ってしまうと、そのマンションから駅までの間にある保育園は倍率が一気に上がってしまうそうです。

一方で、認可保育園の申込は、入園の前月末までに区に住民票を移していることという条件があったりするので、新築マンションができていても、竣工が5月とかであれば影響は小さくなるそうです。

 

子どもを産む前は、認可保育園を希望することになるとは思っていなくて、少しお金をだせば認可外保育園に通えると思っていました。しかし、これは住んでる地域によると思いますが、私が住んでいるエリアでは認可外保育園よりも認可園の方が設備が充実しており、結果認可園に入園することになりました。

少しでも参考になると幸いです。

令和2年 | 東京都23区の共働き世帯の保育料を比較!自分が住んでいる区以外の保育料について調べたことはありますか? 幼保無償化で3歳児クラス以降は原則無償になりましたが、0~2歳児ク...