お金

【副業体験談】Airbnbの商店街ツアーの体験をホストする方法とポイント

Airbnbで民泊をゲストとして利用したり、副業でマンションを借りて民泊として貸し出したりしている人の話はよく聞きますが、ガイドとしてツアーをホストできることはご存じでしょうか。

体験とは?
従来のツアーやクラスとはひと味違う、現地に住むホストが豊かな知識や専門的な技術・スキルなどを活かして、自分にしか紹介できない場所・コミュニティ・世界とゲストをつなげる、ユニークなアクティビティです。 体験をホストして、魅力溢れるあなたの街、特技、社会貢献活動、文化をアピールしましょう。
– Airbnb公式サイトより
このAirbnbの体験ツアーのホストを友達とやってみたので体験談をまとめたいと思います!

Airbnbの体験の特徴は?

一般のツアー会社が開催しているツアーとは異なり、現地の生活を体験できるようなユニークなツアーが多いのが特徴です。例えば東京で探してみると
  • スーパーの買い物からスタートする日本料理教室
  • 東京の猫スポット巡り
  • 渋谷でラーメン食べ歩き
  • アニメオタクと秋葉原散策
  • おうちでたこ焼きパーティー
  • サムライの剣術体験
などなど、大手の旅行会社のツアーでは開催が難しそうなニッチなものが充実しています。Airbnbの民泊も暮らすように旅する、というコンセプトなので、現地体験も同じコンセプトになっているようです。

Airbnbでのツアーホストの登録方法

Airbnbではどんなツアーでも提供できる訳ではありません。ツアーを提供するためには「専門性」「独自の視点」「人をつなげること」が求められます。

つまり、旅行者が単独で簡単にできること(例:スカイツリーにのぼる)ではなく、ガイドがいて初めて体験できること(例:和皿の絵付け体験)にする必要があります。

しかし登録のガイドがとても丁寧で基本的には画面に表示されるとおりに登録していくことで要件を満たすツアーを掲載することができます!手順をご紹介します。

1. Airbnbの体験登録ページへ

まずは体験の登録ページからアカウントを登録します。

https://www.airbnb.jp/experience-host-onboarding?force=true

2. 体験の新規登録を開始する

コロナの影響もあってオンライン体験が増えているようです。

通常のツアーは右側を選びます。

3. ツアーを開催する場所を登録する

開催場所の都道府県および市区町村名を登録します。

移動が発生する場合は、メインとなる訪問先の場所や集合場所を入力しておけば大丈夫です。

4. テーマと言語を選ぶ

日本語で登録することもできますが、Airbnbで日本国内のツアーを探す人の大半は外国人なので、基本的にはすべての情報を英語 or 中国語 or 韓国語で登録した方がよいです。

ツアー中の会話は基本的にここで選択した言語で行います。

5. 開催頻度などの概要を入力する

最初は無理のないスケジュールで提出することをおすすめします。また、1年以上の案内歴が求められるので、「いいえ、この体験内容をホストしたことはありません」を選ぶと登録できません。ツアーガイドとしての経験だけでなく、地方在住の友人を案内して回ったことがあるなどでも大丈夫なので、まずは1年間経験をつみましょう。

6. 自己紹介を入力する

ガイドラインにもありますが、自分の得意なことやこのエリアに詳しい理由などを記載しましょう。私の商店街ツアーの場合は「東京に10年近く住んでいる」、「地方在住の友人を案内しながら東京の街歩きを楽しむのが大好き」といった具合に書いていました。

7. 実際の体験内容を書く

商店街ツアーの場合は、「〇〇商店街を歩く」だけではなく、どのお店に立ち寄るのか、どのようなユニークな体験ができるのか、など細かく記載します。日本酒飲み比べのような飲酒を伴う体験は年齢確認などが必要になります。

8. 当日のルートを書く

ツアー中に訪れるところはもれなく記載します。少人数ツアーの場合は応相談と書いておくと旅行者がメッセージで問い合わせをしてくれることもあります。

9. 持ち物を書く

ホストが用意するものとゲストが用意するものをそれぞれ記載します。おすすめの服装がある場合は「ゲストが用意するもの」に記載します。例えば街歩きツアーであれば「履きなれた歩きやすい靴」と書いておくことで、ピンヒールで来ちゃって歩けない!というトラブルを防ぎ、ゲストの満足度を落とさずにすみます。また、途中で訪問する場所の入園料を実費とする場合にも「ゲストが用意するもの」に記載します。逆に、訪問先のチケットをホストが用意する場合には「ホストが用意するもの」に記載します。

ツアーをホストする際に注意すべきポイント

値段設定

ツアーで複数の場所を訪れる場合、ゲストが現地で精算しなくてすむように、入場料などをすべて含めて値段をつける方がゲストは参加しやすくなります。しかし、入場料などを含めた金額を設定した場合、Airbnbの手数料20%分がのっかってしまうので、ここはバランスをみて決めましょう。

入場料1,000円の動物園に行く3,000円のツアーを企画した場合

  • ツアー代金 3,000円+動物園入場料1,000円は現地清算
    → Airbnbの手数料は3,000円のみにかかる = 600円
    → ホストの手取り 2,400円
  • 動物園入場料 1,000円を含む 4,000円のツアー
    → Airbnbの手数料は4,000円にかかる = 800円
    → ホストの手取り 3,200円 – チケット代1,000円 = 2,200円

通販で送料無料の商品を選んで購入してしまうのと同じように、チケット代を含めた方がゲストは参加しやすくなりますが、そのままの値段設定では手取りが少なくなってしまうため注意が必要です。

オリジナリティ

ただ街を歩くだけの街歩きツアーのように、ホストの力を借りずともゲストが自力で体験できるようなものは体験として承認されません。例えば私が行っていた商店街ツアーの場合、日本語でのみ行われている書道教室を英語翻訳付きで楽しめる、というようにしました。

商店街の小さなお店ではユニークな体験講座をやっていてもインバウンド対応できていないお店も多いので、お店の方からも喜ばれました。このような場合はツアー掲載前に必ずお店の方に了承を得ておきましょう。書道教室の場合は、1組に対して通訳1名であれば通訳は体験料不要で入場できる、としていただきました。

事前の下調べ

例えば書道教室で通訳する場合、英語がある程度話せたとしても分からない単語がたくさんあるので、事前に必ず自分自身で体験しておくべきです。また、体験のガイドとして以下をチェックしておくとゲストからの質問に慌てずにすみます。

  • 近くのレストラン情報
  • ツアー中のお手洗いの場所
  • 写真撮影スポット
  • 訪問スポットの歴史や背景など簡単に

実際にホストしてみた感想

めちゃくちゃ楽しかったです!基本的には全て英語でのツアーを考えていたのですが、たまたま参加してくださった最初のお客様が、海外に住んでいる日本人のご家族でだったため日本語で開催しました。近くに来る際は逆に案内しますよとLINEの交換をしました。

日本に暮らしながらいろんな人と出会い、日本の良さを伝えられる素敵なお仕事だなと思いました。興味のある方はぜひチャレンジしてみてください!

 

アラサーDINKS時代の家計簿公開約1年前のDINKS時代の家計簿を振り返ってみたいと思います。 https://career-joshi.com/prof...